スポンサード リンク
目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

今日のおすすめ

たまごっちラテン文字表記は日本語版:Tamagotch、英語版:Tamagotchi)とは、1996年11月23日バンダイから発売され、97年を中心に社会現象になるほど爆発的な人気を誇ったキーチェーンゲームである。名称の由来は「たまご(Tamago)」と「ウオッチ(Watch)」をくみあわせた和製英語。

画面の中に登場する「たまごっち」と呼ばれるキャラクターにえさを与えたり、糞掃除をしたり、「たまごっち」と遊んだりしながら育てていく。こまめにコミュニケーションをとっていれば機嫌がいいが、えさをやり忘れたり、掃除が滞ったりすると機嫌が悪くなり、最悪の場合には死ぬこともある。こうして育てていくと、ある程度時間が経てば「おやじっち」や「にょろっち」など、様々なキャラクターに変身する。どのキャラクターになるかは、キャラクターのその時の体重や機嫌によるようだ。その他、名称の由来どおり、単なる時計としても利用できる。

1997年、ノーベル賞パロディ的な賞であるイグノーベル賞(経済学賞)、新語・流行語大賞のトップテンを受賞した。大きさは高さ53mm

[編集] 第1次ブーム(1997年)

たまごっちは、当初10代の女性、特に女子高生をメインターゲットとして発売された。当時影響力の強かった安室奈美恵がテレビの音楽番組で紹介したことや大人気となったテレビドラマ踊る大捜査線』でいかりや長介扮する和久平八郎が持っていたことがきっかけでブームになり、マスコミの煽りもあって異常人気となった。

ブームの全盛期には、白いたまごっちが非常に稀少だとして特に人気が集中したり、たまごっちを模倣した偽物が販売されて販売会社が摘発を受けたり、「飼育」していたたまごっちの「死」によってペットロスに似た現象が一部のユーザーで見られるようになるなど、たまごっちブームは社会現象化した。50個のたまごっちの抽選販売に対して、抽選整理券が4000枚配られた所もある。

ブームが過熱し品薄状態が続くと、一個数万円で取引されるようになったり、「人気維持のために出荷制限をしている」という噂が流れた。これに対しバンダイは大増産を行ったが、数ヵ月後にはブームが沈静化、不良在庫の山を抱えることになり、1999年3月にメーカー在庫250万個を処分。同年には60億円の特別損失を計上した。

第1次ブームの頃はちょうど日本でインターネットが個人の趣味として一般家庭に普及し始めた時期であったので、インターネット上に個人運営(非公式)のたまごっちサイトが次々と誕生した。その一部は2006年現在でも残っている。

日本以外に、アメリカ合衆国アジア各国でも大流行し(世界30カ国で発売)、アメリカ人気ドラマERにも登場するほどであった。発売元のバンダイによれば、これら第一期のたまごっちシリーズは全世界で4000万個(日本国内で2000万個、日本国外で2000万個)を販売したという。

[編集] 第2次ブーム(2004年-)

第二期たまごっちは、2003年頃に高校生の間で初代のたまごっちが流行っているという情報をバンダイの開発チームが聞きつけたことがきっかけとなって開発が始まり、初代のたまごっちを知らない小学生をメインターゲットとして発売された。ブームの過熱によって第1次ブームが終焉してしまった反省を踏まえ、メディア露出を控えめにした。

かつてのブームほどではないが、小学生を中心に受け入れられ、国内外での売上個数は1年で650万個を超えた。2005年7月現在は、再び小学生を中心に大ブームが到来している。「祝ケータイかいツー! たまごっちプラス(ケーたま)」を求める子供に応えるべく、親も必死になり、発売当日は長蛇の列。開店前には品切れになることも常である。そんな人気に目を付けて、yahoo!オークションなどのインターネットオークションでは倍以上の値段が付けられることもしばしば。前回のブームではまだ日本ではインターネットオークションが普及しておらず、個人売買が一般的でなかったが、インターネットオークションが普及した現在、転売目的での購入者も増え、一層の供給不足を招いていることも否めない。

2005年以降は玩具屋店頭に通信機能を使ってアイテムダウンロードや連動ミニゲームのできる『でかたまごっち』(後に一般にも販売)を設置したり、ゲームセンターにトレーディングカード方式のアーケードゲーム機、データカードダスで提供される『たまごっちカップ』などの展開を始めている。

キャラクターとしての「たまごっち」

たまごっちは、ばんぞー博士が拾った小さなUFOの中から発見された、たまごっち星生まれの地球外生命という設定である。第二期からも地球外生命と言う設定は健在だがばんぞー博士と助手のミカチューが登場しなくなり、その分たまごっち星の社会文化が続々と判明するようになった。




まめっち、めめっち、くちぱっちの3人をパートナーにして お店屋さんをするというこのゲーム。 簡単なお店屋さんもあるけれど、結構大人でも真剣になってしまう お店屋さんもあって、たまごっち好きの方なら親子で楽しめると思います。 CMで「夢を育てます」ってあったと思うのですが(うろ覚えでごめんなさい) 本当の仕事でする内容には遠いけど、「仕事ってちょっと大変なんだな」 「でも、うまく出来たら嬉しいな」等など 小さな子どもたちにも思ってもらえたらいいですね。

6歳の娘の強い希望で誕生日のプレゼントにしました。たまごっちが大好きな娘はキャラクターやアイテムカードにうっとり。お値段の割りにカードやゲーム盤の質がチャチなのが気になりましたが、カードを集めていくすごろくゲームの楽しさはあります。

小4の娘が買いました。最近はボードゲームをやる子は減っているかもしれませんが基本的に我が家は好きです。夜ひまなときは小6の息子も入って遊んでいます。三人ぐらいだと約一時間くらいで終わります。 たまごっちの好きなキャラを選んで就職して(就職試験に失敗するとアルバイトになる。再度就職のチャンスあり)給料をもらったり、仕事に生きる道か恋愛に生きる道を選択したりします。こまを進めたり選択するときに使うのはすべて付属のピンクの六角形の筒型のおみくじ。振ると1〜6の数字と吉とか小吉とかが書いてある棒が出てきます。面白いです。

この商品は、音楽を聴きながら何か別の事をしたいと言う方にオススメです。 音楽を聴きながらちょっとしたミニゲームを楽しめるので、駅で電車を待つ時も暇にならないでしょう。 ただ、大の大人の男がこれを持つのは少し抵抗があるかもしれません。

この価格の割には、バッグあり、ホルダーあり、オリジナルカードあり、などなど。お得感がありました。  でも、下敷きは紙製だったので、使い道が限られます。プラスチックだと良かったのに。  良い点はこちら。
◎「プチホルダー」は使い勝手がいい。(40ポケット、2枚表裏重ねて入れると80枚入る)
◎「プチバッグ」は図案が可愛い。子どもに持たせるのに、ちょうどいいサイズ。
◎「ふらわっち先生」は、ここでしか手に入らないカード。フルコンプを目指している方は必須。

いま人気のエンたまでは、ごっちポイントを銀行で増やす(ルーレットで)ことと、引き出すことしか出来ませんが、でもPCで簡単にポイントをためたりお買い物が出来ますよね。でもケーたまや赤たまは、わざわざオモチャやさんで”でかたま”と通信してお買い物しないといけないのが”おうちのでかたま”のおかげで、自宅で買い物は出来るし(季節のお買い物も当然!)ゲームでポイントを早くたくさん貯めることが出来ます。ごっち大王のイベントでもポイントゲット!です。親の私がハマってます・・・・

娘のたまごっちに、なぜか登場回数が一番多い「めめっち」ちゃん。 そのせいか愛着もあり、思わず購入しましたが、ほんとにかわいいです。 肌触りもなんとも言えず良く、見つめていると思わずこっちも笑顔になる、とってもかわいいぬいぐるみです! 一家にひとつ・・・ぜひ!!

DSを買ったばかりだし、前作「ぷちぷちおみせっち」は、したことがないので比較はできませんが、初めのうちは楽しかったけど、私は元来働き者(?)なのか、5日間で全部の店がロイヤルになりました。 最後のイベントはちょっと期待はずれ、というか、「えっ、もう終わり?」って感じでした。 小2の娘は楽しく遊んでいるので、子供には遊びやすくて、大好きなお店やさんごっこができる良いゲームだと思います。

小学生の娘向けに購入していて、大人には物足りないかな、 と暫くは子ども専用においていたのですが、暇をもてあまして いた時に始めてしまって、すっかりハマってしまいました。 まめっち、めめっち、くちぱっちの誰かをパートナーにして お世話をしながらおみせをやりくりしていって、うまくいったら お店が大きくなっていく・・・と言うゲームです。 キャラに応じておみせが違います。丁度3人分のデータが登録でき、 3人家族なものだから、3種類全部のパートナーを設定して、 好きなときに、好きなキャラで遊んでいます。
たまごっちと同じ値段で、サイズは一回り大きくなり、Aボタンも十字ボタンに進化しました。 ゲームも国語、算数、理科のそれぞれに二つずつ、計6つの種類があります。  えんたまや、うらたまと通信して、転入生を増やし、在校生の数が一定を超え、ゲームで、ポイントを得ると、クラスが、「まだまだ」から、「かけだし」のように、レベルアップしていきます。 たまスク自体のお世話はいらないようですが、必要かも。 さわらないと、先生の人気度が下がり、生徒が転校していきます。 生徒数を増やすためには、転校生を待つだけでなく、たまごっちと通信したほうが、てっとりばやいようです。

ケーたまの仲間たちのくちぱっちやまめっちやめめっちが普段暮らしている様子がわかったり、ござるっちのしゃべり方などがわかっておもしろかったです。 たまごっちの仲間たちの体や顔がマンガで描かれているといろんな表情があって、お絵描きをするときの参考にもなります。
たまごっちのシールブック「はる!たまごっち」の 続編的な内容になっているようです。 まめっち、めめっち、くちぱっちの家族や 住んでいる街が紹介されたシールや、 「赤いシリーズ」のキャラクターの紹介シールなど 見てるだけで楽しくて、使うのがもったいないのが難点かも。 とにかくごちゃごちゃとシールがたくさん入っているので、 たまごっち好きな子どもは大喜びすると思います。
『はねるっち』とは、フジテレビ「はねるのトびら」と、あの「たまごっち」が手を組んでできた育成ゲームです。 そして、この本は、そんな『はねるっち』の遊び方を説明した本です。 たまごっちと似てはいるけれど、『はねるっち』独自の遊びがあるので、この本を持ってたほうが心強いと思います。 また、すべてのキャラを出してみたいと思う方には、この本は必携でしょう。 この本があったほうが、ゲームを徹底的に楽しめることは間違いないかも!
前回の「母子手帳」はビニールカバーでしたが、この「母子手帳2」は紙のカバーでした。 内容は、前回同様に自分の好きなキャラや、隠れキャラを出しやすい方法や、アイテムの話などが書かれています。 それと、おもしろいのが、哲哉の友達の・滝上のりょうすけ・鯨井のイラストなども載っていること(笑) でも、残念なことに、はねとびメンバーの似顔絵が似ていない!!と私は思います。 あ、特徴のある塚地さんだけは似てるかな(笑)
たまごっち、キャラクター、良くなりましたね。 絵も可愛いし、色使いもカラフル。 一昔前には想像できないぐらいです。 ストーリーのある「絵本」ではありません。 可愛いシールがいっぱい入った、シール集です。 ただし、赤いシリーズのキャラのみ、今流行のエンたまのキャラは出ていません。 子ども(6歳)に買い与えたところ、とっても大事にしています。 白い紙にキャラクターを貼って、自分でお話を考えて絵本にしていました。 遊ぶ本としては、お手頃ではないでしょうか。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク